会員登録(無料) ログイン

言わなくてもいいことを言う

お気に入りに登録
会員限定

子どもはときに言わなくていいことを口に出し、ママやパパをドキリとさせますよね。
道を歩いていて知らない人に「あの人、髪の毛がないね」と言ったり、親戚の集まりで「おじちゃん、くさい」と言ったり。
どうしたら余計なことを言わなくなるのでしょうか。

今は言わないで……! 気まずい空気に耐えられない

子どもの余計な発言には、ひやひやさせられるもの。
相手に聞こえるところで言ってしまい、一緒にいる大人が気まずい思いをすることもありますよね。

また、ママやパパのいないところでお友達や先生にも同じようなことを言っているのではと、心配になる方もいるでしょう。

相手が言われたら傷つく言葉もあると分かってもらうには、どのように教えれば伝わるのでしょうか。

純粋な心で思ったままを言っているだけ

子どもは正直に、思ったままを言葉にしているだけです。
「言ってはいけない」と分からないだけで、悪気があるわけではありません。
子どもの口をふさぐ、その場から連れ出すなど、慌てて遮る必要はないでしょう。


この記事は会員限定(無料)です。

会員登録・ログインいただくと、
続きを全てお読みいただけます♪

会員になるとうれしいサービスがいっぱい

ポイントプログラム

プレゼント応募

お気に入り登録

ですが、5~6歳頃にもなると、言ってはいけないと理解しながらも悪ふざけで言うことも。
その場合、相手を傷つけるかもしれないと完全には理解できていないと考えられます。
「なぜ言ってはいけないのか」を改めて教える必要があるでしょう。

相手に謝るのが先、子どもにはあとで理由を教えて

子どもが言ってはいけないことを口にしてしまったら、まずママやパパが相手に謝りましょう。
親が謝る姿を見せて、子どもに「謝らなければいけないことをしてしまった」と気づかせるのです。

そして、ママやパパは、謝りその場を去ったあとで、なぜ謝ったのかを子どもに説明してください。
「あんなことを言われたら悲しいよ」「傷つくよ」と相手の気持ちを想像させ、もし子どもが間違った認識を持っていれば、「あの人は○○じゃなくて△△なんだよ」などと訂正することが大切です。
そのときの言葉や態度で「悪いことをしたら謝るのは当然」と子どもに伝えるのが親の役目と言えるでしょう。
こうした体験を繰り返すことで、子どもは言っていいことと悪いことの分別がつくようになります。

子どもは、親が自分の代わりに謝る姿を見て、「自分が悪いことをしたときはママ(パパ)が謝ってくれるんだ」と思います。
のちのち「あのとき守ってくれた」と思い返すことで、親子関係が強固なものになるでしょう。

5~6歳頃は、自分と他者を意識できる年齢です。
このくらいの年齢で、言ってはいけないと分かっていて悪ふざけで言っている場合は、「今の正しいと思う?」「あなたが言われたらどう思う?」「ママだったら傷つくな」と話し合う時間を作りましょう。

とはいえ、言葉で子どもに理解してもらうのはとても難しく、限界もあります。
そんなときに役立つのが絵本です。
「悪いことをしたらいけない」「みんなが笑顔になるとうれしい」など、物語のなかで善悪の判断を間接的に教えてくれます。
子どもは諭されたり、お説教されたりするより、物語を聞かせてもらうことで想像力が高まります。
人の気持ちが何となく分かり、空気感というものがつかめるようになるでしょう。

言わなくていいことを子どもが言ったら、「教え甲斐がある」とポジティブに受け止めると気持ちが軽くなるかもしれません。
実際にこの時期は、子どもに正しいことをしっかり教えるのによいタイミングです。
子どもの吸収力を信じて、根気よく伝え続けてくださいね。

どんな場面も成長のチャンスと捉えてみて

子どもが言わなくてもいいことを口にしてしまったら、気まずいですよね。
子どもの素直な言葉の数々には、大人にとっては新鮮に感じるものもたくさん含まれています。
「そんなふうに見えているんだ」と、子どもの“目”を知るチャンスと捉えると、育児をより楽しめるかもしれませんよ。

監修:榎本可世子

第37期認定子育てアドバイザー(保育士、幼稚園教諭・元保育園園長、子育てアドバイザー養成講座講師)

文:あまね
イラスト:Ryoko Ishiyama
 



この記事のタグ:

【心理カウンセラー監修】子どもが爪を噛むのはなぜ?原因や対処法を解説!

子どもが爪を噛んでいるのを見ると、ママやパパは「汚いから早くやめさせなければ」と思いますよね。 子どもの爪噛みをやめさせるには、原因を理解し、時間をかけてじっくり向き合う必要があります。 今…

続きを読む

子どものお箸は何歳から練習する?練習開始の目安とやり方を解説!

「お箸の練習は何歳から始めればいい?」「どうやって教えたらいい?」と疑問に思ったことはありませんか。 保育園や幼稚園でお友達がお箸を使っている話を聞くと、そろそろわが子も練習させた方がよいのか…

続きを読む

【専門家監修】子どものアンガーマネジメント|感情コントロールの練習方法も解説

子どもが癇癪を起こし、手がつけられずに困った経験はありませんか。 感情を表現するのは悪いことではありませんが、社会生活の中では感情をコントロールすることも必要です。 今回は日本アンガーマネジ…

続きを読む

【助産師監修】卒乳のタイミングはいつ?授乳をやめる方法も解説

いつかは必ず訪れる卒乳のタイミング。親子にとって授乳は日常だからこそ、なるべく負担の少ないタイミングで卒乳したいですよね。 この記事では、赤ちゃんが自然に授乳をやめるのを待つだけでなく、母親か…

続きを読む

プレゼントあり

マザーズバッグの中身はどうする?新生児から1歳まで月齢に合わせてご紹介!

赤ちゃんが生まれたら、一緒にお出かけするのは楽しみのひとつでしょう。 赤ちゃんとのお出かけに持参するマザーズバッグには、どんなものを入れたらよいのでしょうか。 あったら安心なもの、荷物を減ら…

プレゼント応募期間 2024年5月15日(水)~ 2024年6月15日(土) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

【助産師監修】マタニティブルーとは?主な症状や対処法を解説

マタニティブルーという言葉を聞いたことがありますか? これから妊娠や出産を控えている方は「自分も経験するのでは」と不安を抱く言葉かもしれません。 今回は、マタニティブルーの主な症状と、対処…

プレゼント応募期間 2024年5月15日(水)~ 2024年6月15日(土) ※終了しました

続きを読む

子どもの「残さず食べた!」を応援する フタが保冷剤になるお弁当箱「mii」

子どもが持って行くお弁当、出先ではどこに置いておくんだろう。 気温が上がる季節が近づくと、食べるまでの保管状態が気になるママやパパは多いのではないでしょうか。 お弁当は、食べる量に配慮して残…

続きを読む

初心者でも簡単。種から芽が出る感動を Seedfun.シリーズ「はじめてさんのかんたんタネまきキット」

おうちでお花や野菜を育ててみたい。 家庭で植物を育てる経験は、子どもたちにとっても感動の体験です。 最近ではプランター栽培なども人気で道具も揃っていますが、せっかく種をまいたのに「芽が出なか…

続きを読む

初めてでも弾ける! 私でも弾ける! 音楽を奏でる感動が得られる「Casiotone 光ナビゲーションキーボード」

見かけるとつい触りたくなるピアノやキーボード。 「弾いてみたいけれど自分には無理」と諦めていませんか? そんな楽器初心者の強い味方がカシオ計算機の「Casiotone 光ナビゲーションキー…

続きを読む

キックバイクやキックスクーターにチェンジ!子どもの“できた”が増えていく「GLOBBER」

子どもが歩いたり走ったりするようになったら、次なる悩みはどんな乗り物に乗せるか。 キックバイク? 三輪車? そんな悩みを解決してくれるのが、成長に合わせモードチェンジができる乗り物を数多く揃え…

続きを読む

  • HOME
  • ALL
  • 言わなくてもいいことを言う

サイト内検索

プレゼント付き記事はこちら

注目ワードで探す

対象年齢

カテゴリ

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる
閉じる

会員登録でもっと便利に! 「お気に入り機能」

登録した記事は、
ログイン後の
お気に入り」ボタンから見返せます♪

会員登録はこちら(無料) すでに会員の方はこちら