会員登録(無料) ログイン

【保育士監修】上の子可愛くない症候群の乗り越え方|要因や対応策を解説!

きょうだいの子育てをしていると下の子に手がかかり、上の子が焼きもちを焼くのはよくあることです。
そして、焼きもちを焼いてわがままを言う上の子を可愛く思えないこともあるでしょう。
上の子を可愛く思えないママやパパの状態を“上の子可愛くない症候群”と言うのをご存知でしょうか。
今回は上の子可愛くない症候群の要因や対処法等について、詳しく解説します。

この記事のもくじ

上の子可愛くない症候群とは?


上の子可愛くない症候群とはその名の通り、上の子どもを可愛いと思えない状態のことです。
具体的な内容について解説します。


下の子と比べ、上の子が可愛いと思えない状態のことを指す


上の子可愛くない症候群は、きょうだいの子育てをしている保護者が下の子に比べて上の子を可愛く思えない様子を指します。
最初から上の子を可愛いと思えなかったわけではなく、下の子が生まれてから上の子を可愛く感じられなくなった保護者のことです。

多くの場合は本心から可愛くないと思っているわけではなく、可愛がりたい気持ちはあるのに可愛いと思えず、冷たく当たってしまいます。
そのため、自分を責めてしまう人も多いです。
上の子可愛くない症候群にはママが陥る場合が多いですが、パパにも見られます。

最近は上の子可愛くない症候群という呼称が広まり、呼び名を聞くことで自覚する人も増えています。
 


上の子可愛くない症候群は医学的な病気ではない


症候群と呼ばれていますが、医学的な病気ではありません
2人以上の子どもを育てるママやパパに見られる状態で全員が経験するわけではありませんが、多くの人に見られるため、あまり悩みすぎないことが大切です。


上の子可愛くない症候群はなぜ起こる?要因を解説


きょうだいの子育てをしているママやパパの多くが、上の子可愛くない症候群になってしまうのはなぜでしょうか。
上の子可愛くない症候群が起こる主な4つの要因を解説します。


要因①下の子や赤ちゃんは可愛く見えるから


赤ちゃんを見ると、可愛く思うのが人の本能です。
オーストラリアの動物行動学者コンラート=ローレンツによると、“ベビースキーマ”と呼ばれる赤ちゃん特有の行動やしぐさなどにより、人は赤ちゃんを見ると自然に愛着が湧くものだとされています。
ベビースキーマとは、「頭が大きい」「手足が短くずんぐりしている」など、人間や動物の赤ちゃん特有の身体的な特徴のことです。
生まれたばかりの赤ちゃんは、1人では何もできないため、大人から愛情をもらって守られるために必要な特徴だと言われています。

そのため、ママやパパは生まれたばかりの下の子に愛情を注ぎ、自分でできることが増えている上の子に愛情を注ぎにくくなってしまうことが要因の1つです。


要因②下の子のお世話で疲労が溜まるから


いくら生まれたばかりの下の子を可愛いと感じて愛情を注いでも、1人で何もできない赤ちゃんの子育ては目が離せず、授乳や夜泣きなど特に出産直後はとても大変です。
下の子の育児の疲労が溜まることで余裕がなくなり、下の子の出産前は対応したり受け入れたりできていた上の子の言動に対してイライラしてしまうことがあります。
イライラしてしまう自分自身をよくないと頭では理解しつつも感情ではどうにもならないときもあり、余計に自分を責めてしまう人も多いです。


要因③上の子のイヤイヤ期や反抗期が被るから


上の子の年齢にもよりますが、下の子との年齢差が2~3歳だった場合はちょうどイヤイヤ期の真っ最中、5~6歳の年齢差だと中間反抗期を迎えているなど、ただでさえ手を焼く時期に当たります。
上の子にとっても、大好きなママを下の子に取られてしまったと感じ、寂しさや嫉妬の気持ちが芽生えて、さらに反抗的な態度を取ることもあるでしょう。
下の子のお世話で大変なのに、自分でやってほしいことや手伝ってほしいことをやってもらえず、イライラが募ってしまうケースが多くあります。


要因④上の子に期待しすぎてしまうから


下の子の子育てが大変なときは特に、「いい子でいてほしい」「お兄ちゃん(お姉ちゃん)だからしっかりしてほしい」などと、上の子に対して期待をしてしまいがちです。
しかし、下の子への嫉妬やイヤイヤ期、反抗期などによって上の子は親の期待通りにはなりません。
下の子が生まれる前よりも手がかかる場合もあるため、親の期待や理想通りにならない上の子に対し可愛くないという感情が湧いてしまうことがあります。


上の子可愛くない症候群の対処法4選


上の子可愛くない症候群のママやパパの多くは、上の子を可愛いと思えない自分自身に罪悪感を抱いています。
しかし、感情のコントロールが難しく悩んでいる人が多いのが現状です。
悩みを解消し、親子ともに笑顔で過ごせるようになる4つの対処法を紹介します。


対処法①夫婦で家事や育児の分担を話し合う


1人で育児を頑張りすぎると、ますます負担が重くなり心身ともに疲弊してしまう悪循環になるでしょう。
そのため、夫婦や家族で協力して子育てをすることが大切です。
夫婦や家族で分担を話し合って決め、どちらか1人の負担が重くならないようにしましょう。


対処法②ファミリーサポートやベビーシッターを利用してみる


家族で協力できればよいですが、「仕事が忙しく帰りが遅い」「実家が遠くて頼れる人がいない」「一人親家庭」など、協力が得られないケースもあります。
家族の協力が難しいときは、ファミリーサポートやベビーシッターを利用するのがおすすめです。
料金はかかりますが、短時間でもサポートを依頼することでリフレッシュでき、穏やかな気持ちで子どもと向き合うことができるでしょう。


対処法③上の子への期待を見直してみる


上の子に期待しすぎてしまうことも、上の子可愛くない症候群になってしまう要因です。
したがって、上の子に対して期待する基準を下げるようにしましょう。
「着替えは1人でしてほしいけど、おもちゃの片づけは手伝おう」などと線引きを決め、ママやパパの期待値や期待する内容の見直しをすることをおすすめします。
線引きを決めたらできるだけ守ることも必要ですが、そのときの状況で臨機応変に対処することがお互いに無理をしないための秘訣です。


対処法④上の子が小さかったころの写真や動画を見直す


上の子を可愛いと思えなくなるのは、下の子が生まれたことがきっかけになります。
下の子が生まれる前は上の子を可愛いと感じ、愛情を注いでいたことでしょう。
下の子が生まれる前の、上の子が小さかったころの写真や動画を見直すことが、上の子への愛情を思い出すために効果的です。
スマホの待ち受け画像にするなど、いつでもすぐに見返せるように工夫するとよいでしょう。


あまりにつらいときは、専門家へ相談を


上の子可愛くない症候群は、真面目で何事も一生懸命にやろうとする人や完璧主義の人ほどなりやすい傾向があります。
そして、真面目な人ほど上の子を可愛いと思えない自分を責めて悩んでしまうものです。
上の子可愛くない症候群は子どもの成長とともに解消されていくことが多いため、時間が解決してくれるでしょう

しかし、あまりにも悩んでしまい、つらいと感じるときは小児科や心療内科などに相談したり、臨床心理士のカウンセリングを受けたりして専門機関を頼るのがおすすめです。
自分1人で悩んだり解決しようとしたりせず、周りの力を借りながらよい方向に向かうことを願っています。


ライター:西須洋文

勤務経験30年以上の元男性保育士です。
現在はWebライターとして、保育士や子育ての経験を活かして子育てや保育記事を中心に、さまざまなジャンルの記事を執筆しています。
そのほか、音楽教育であるリトミック講師などフリーランスとして活動中。


この記事のタグ:

プレゼントあり

子育てのイライラが止まらない原因と解決方法、子どもへの影響は?

子育ては嬉しいことや楽しいことがたくさん。でもイライラしてしまう場面も多いですよね。 この記事では、元保育士で家族療法カウンセラーの資格を持つライターのnicoaiが、子育て中にイライラが止ま…

プレゼント応募期間 2024年5月15日(水)~ 2024年6月15日(土) ※終了しました

続きを読む

【助産師監修】新生児が泣き止まない、夜寝ない!原因と対策を解説

生まれてすぐの新生児は1日のほとんどを寝て過ごしますが、授乳やおむつ交換をしても泣き続けたり、なかなか寝てくれなかったりと、親の望むようにいかないこともありますよね。 今回は、新生児が寝ないで…

続きを読む

【心理カウンセラー監修】子どもが爪を噛むのはなぜ?原因や対処法を解説!

子どもが爪を噛んでいるのを見ると、ママやパパは「汚いから早くやめさせなければ」と思いますよね。 子どもの爪噛みをやめさせるには、原因を理解し、時間をかけてじっくり向き合う必要があります。 今…

続きを読む

【専門家監修】子どものアンガーマネジメント|感情コントロールの練習方法も解説

子どもが癇癪を起こし、手がつけられずに困った経験はありませんか。 感情を表現するのは悪いことではありませんが、社会生活の中では感情をコントロールすることも必要です。 今回は日本アンガーマネジ…

続きを読む

プレゼントあり

【助産師監修】マタニティブルーとは?主な症状や対処法を解説

マタニティブルーという言葉を聞いたことがありますか? これから妊娠や出産を控えている方は「自分も経験するのでは」と不安を抱く言葉かもしれません。 今回は、マタニティブルーの主な症状と、対処…

プレゼント応募期間 2024年5月15日(水)~ 2024年6月15日(土) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

【助産師監修】産後1か月健診の内容や持ち物、服装とは?

赤ちゃんを迎えて1か月。 慣れないお世話にママの疲労もピークにさしかかるころでしょう。 そんな時期に行われる産後1か月健診では、どんなことをするのでしょうか。 健診の主な内容や費用、持ち物…

プレゼント応募期間 2023年12月6日(水)~ 2023年12月31日(日) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

わくわくで知的好奇心を引き出す キットとアプリのSTEAM教育プログラム「ワンダーボックス」

様々な自宅学習教材がありますが、どれが自分の子どもに合っているかわからない。勉強の押し付けではなく、自ら学ぶ子になってほしい。 そんな思いを抱えているなら、一度試してみたいのが、子どもの知的好…

プレゼント応募期間 2022年11月10日(木)~ 2022年12月2日(金) ※終了しました

続きを読む

赤ちゃんも、あなたも大切。 産後のママをケアするアプリ「mamaniere」

産後は赤ちゃんが中心の生活となり、出産という一大イベントを終えたママは自分の体を労わる時間すら無くなってしまいます。 そんなついつい後回しにしてしまいがちなママの体が、今どんな状態なのかを分析…

続きを読む

プレゼントあり

子どもの想像力と空間認識力を育む知育玩具「ピタゴラス」

遊びを通して子どもは様々なことを学んでいきます。 楽しむことが一番ですが、できれば長く遊べて、学習の助けにもなる良質なおもちゃを与えたいものですよね。 そんな願いを持つママやパパにおすす…

プレゼント応募期間 2023年1月27日(金)~ 2023年2月19日(日) ※終了しました

続きを読む

【前編】アレルギー対応食を謳わない料理を目指した アレルギーっ子も楽しめる、記念日のごちそうミールキット『matoil』

記念日に自宅でシェフのつくった完全オーダーメイドのごちそう料理が楽しめる。そんな特別感にプラスして、オーダーメイドだからこそ食物アレルギーにも対応したサービスで注目を集めているのが『matoil…

続きを読む

  • HOME
  • ALL
  • 【保育士監修】上の子可愛くない症候群の乗り越え方|要因や対応策を解説!

サイト内検索

プレゼント付き記事はこちら

注目ワードで探す

対象年齢

カテゴリ

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる
閉じる

会員登録でもっと便利に! 「お気に入り機能」

登録した記事は、
ログイン後の
お気に入り」ボタンから見返せます♪

会員登録はこちら(無料) すでに会員の方はこちら