会員登録(無料) ログイン

✨限定公開中✨ 家ではおしゃべりなのに、外では人見知りして黙ってしまう

お気に入りに登録

会員限定コンテンツを今だけ一部限定公開中♪


保育士・子育てアドバイザー監修!
子育てあるある処方箋記事を公開中♪

処方箋特集では、キッズアライズ会員様限定で子どもの年齢別によくある状況とその対処の仕方について子育てに向き合う処方箋としてご紹介しています。

まだ会員登録をしていない方にも一部限定で公開します♪
限定公開中の処方箋一覧はこちら▼

会員登録(無料)をしていただくと、すべての記事が読めるようになります。

 


 

 


子どもが一歩外へ出て貝のように口を閉ざしていると、「友達と遊べないのでは?」「大きくなってもこのままだったらどうしよう」とママやパパは心配。
家での様子とギャップがあって戸惑ってしまいますが、どうしたらよいのでしょうか。

このままで大丈夫? 内気すぎる子どもが心配

自分の子どもが友達の輪に入れずにいる姿を見るのは、ママやパパにとって切ないこと。
なんとかしてあげたいと思うのが親心です。

しかも、聞かれたことに答えられなかったり、言いたいことを言えなかったりすると、困るのは子ども自身です。
子どもがいずれ嫌な思いをするのではないかと、ママやパパは不安に感じてしまうかもしれませんね。

子どもはまだ心の準備が整っていないだけ

家ではおしゃべりな子どもが外では無口になるのは、ママやパパ以外の人を前にすると緊張してしまうからです。
特に繊細な子は、不安や恐怖を感じやすい傾向にあります。
また、自分から上手に声をかける自信がないために黙ってしまうこともあるでしょう。

子どもにとって、ママとパパは安心できる人。
それ以外は「よく分からない人」であることがほとんど。
ママとパパのそばは子どもにとって安心できる“安全基地”であるため、繊細な子ほど離れると不安になって緊張しやすいのです。

子どもが安心できる状況でママやパパが見本を見せてあげて

ママやパパにできるサポートは、不安な気持ちを受け止めて、気持ちを代弁することです。
「〇〇ちゃんは△△と思ったのかな?」と子どもの気持ちを代弁しながら確認したうえで、「ママと一緒に△△してみようか」など見本を示して一緒に行動するのもOKですよ。

「自分で『おはよう』って言いなさい」のように親が子どもに無理に話させようとしたり、子どもに「友達のところに行っておいで」と親から離そうとしたりするのは逆効果。
親に「見放された」と思ってしまう危険性があります。

ママやパパに気持ちを受け止めてもらい、寄り添われた状況で見本を見ているうちに、子どもの中で「自分でしてみようかな」と思う気持ちが少しずつ育つでしょう。

ママやパパは子どもの“できないこと”が目につきやすいものです。
ですが、周りと比べないように意識してみてください。
比べる対象は他の子どもではなく、昨日までのわが子。
もし小さな声でも挨拶ができたり、友達に声をかけたりできたら、「今日は言えたね」「勇気を出してよかったね」と成長を喜んであげましょう。

もし「お腹が痛い」「友達に嫌なことをされた」など、幼稚園や保育園の先生に伝えるべきことが言えていないのではと心配な場合は、一度先生に園での様子を聞いてみるとよいでしょう。
先生も内気な子を気に留めているものですが、遠慮せずにママやパパから相談してみてくださいね。
サポートされていると分かれば安心できるでしょう。

子どもが家の外では黙り込んでしまったり、ママの後ろに隠れてしまったりするのは、まだ外の世界が安心できない空間だと感じているから。
子どもが安心できるように寄り添いながら、ゆったりした気持ちで成長を見守りましょう。

 

監修:増本さおり

第16期認定子育てアドバイザー(保育士、幼稚園教諭・千葉市高洲子育てリラックス館リーダー)

文:あまね
イラスト:Ryoko Ishiyama

 

すべての処方箋はこちらでチェック!

キッズアライズ会員になると、すべての処方箋記事が読めるようになります。
会員登録(無料)はこちら
 


限定公開中の処方箋一覧はこちら✨

キッズアライズ会員様限定コンテンツを、まだ会員登録をしていない方にも一部公開中です!
 

■0~2歳(乳児期)


■3~6歳(幼児期)


■7~10歳(児童期)



キッズアライズをもっと楽しもう!

ポイントプログラム

プレゼント応募

お気に入り登録

登録(無料)はこちら

記事を読んで応募しよう!

プレゼント付き記事はこちら

この記事のタグ:

【専門家監修】子どものアンガーマネジメント|感情コントロールの練習方法も解説

子どもが癇癪を起こし、手がつけられずに困った経験はありませんか。 感情を表現するのは悪いことではありませんが、社会生活の中では感情をコントロールすることも必要です。 今回は日本アンガーマネジ…

続きを読む

【助産師監修】卒乳のタイミングはいつ?授乳をやめる方法も解説

いつかは必ず訪れる卒乳のタイミング。親子にとって授乳は日常だからこそ、なるべく負担の少ないタイミングで卒乳したいですよね。 この記事では、赤ちゃんが自然に授乳をやめるのを待つだけでなく、母親か…

続きを読む

プレゼントあり

マザーズバッグの中身はどうする?新生児から1歳まで月齢に合わせてご紹介!

赤ちゃんが生まれたら、一緒にお出かけするのは楽しみのひとつでしょう。 赤ちゃんとのお出かけに持参するマザーズバッグには、どんなものを入れたらよいのでしょうか。 あったら安心なもの、荷物を減ら…

プレゼント応募期間 2024年2月15日(木)~ 2024年3月17日(日) ※終了しました

続きを読む

【助産師監修】里帰り出産はいつから?期間は? 事前準備と注意点

産前に実家などへ帰省し、帰省先の病院や助産院で出産することを里帰り出産と呼びます。 「いつから帰省するの?」「どんなスケジュールで、どんな準備をしておけばよい?」など、里帰り出産には疑問がたく…

続きを読む

【栄養士監修】妊婦が食べてはいけないもの 摂取量の目安も紹介!

妊娠すると、食事内容について、いつも以上に気になるのではないでしょうか。 今回は、妊婦が避けるべきもの、摂取量に制限があるのはどんなものか、また摂取目安などを紹介します。

続きを読む

出産後に必要な手続きは?妊娠中に押さえたい手続きチェックリスト

出産後は赤ちゃんのお世話で忙しい中、必要な手続きもこなさなければなりません。 負担を少しでも減らすため、妊娠中から必要な手続きを確認し、できる準備を進めておきましょう。 今回は出産後に必要な…

続きを読む

プレゼントあり

【助産師監修】母乳&ミルクの混合授乳の方法、ミルク量を解説

わが子への授乳は幸せな反面、母乳は出るかな? 量は足りるかな? と悩みも多いですね。 そんな授乳期の赤ちゃんをもつママに伝えたい、母乳と育児用ミルク(以下ミルク)で授乳する“混合授乳※①”の方…

プレゼント応募期間 2024年2月15日(木)~ 2024年3月17日(日) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

「家族みんなに、ルイガノ」から学ぶキッズバイクの選び方

キックバイクや三輪車を卒業して、最初の自転車(ファーストバイク)に乗るとき。 子どもの成長を感じる瞬間です。 色々な子ども向けの自転車がある中で、デザイン性が高く、それでいてスポーツバイ…

プレゼント応募期間 2023年12月1日(金)~ 2023年12月17日(日) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

【助産師監修】赤ちゃんのスキンケアがわかる! 保湿の重要性とケア方法

つるつるすべすべなイメージの赤ちゃんのお肌。でも実は赤ちゃんは肌トラブルが起きやすいことをご存じでしょうか? 少しでも湿疹ができると、肌の弱い赤ちゃんをどうケアしてよいのか迷ってしまいますよ…

プレゼント応募期間 2023年12月6日(水)~ 2023年12月31日(日) ※終了しました

続きを読む

自分の机だからやる気が育つ リビングに置きたい「フォルミオ」のデスクとチェア

子どもの勉強机はいつぐらいに用意すれば良いでしょうか。 小学校に入る前はひとつのタイミングですが、実際には机を買ってもリビングで宿題をする子も多いようです。 そこで今回はリビングに置いても違…

続きを読む

  • HOME
  • ALL
  • ✨限定公開中✨ 家ではおしゃべりなのに、外では人見知りして黙ってしまう

サイト内検索

プレゼント付き記事はこちら

注目ワードで探す

対象年齢

カテゴリ

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる
閉じる

会員登録でもっと便利に! 「お気に入り機能」

登録した記事は、
ログイン後の
お気に入り」ボタンから見返せます♪

会員登録はこちら(無料) すでに会員の方はこちら