会員登録(無料) ログイン

【医師監修】3歳児健診の内容について解説!どんなことをする? 目的は?

お気に入りに登録

子どもが3歳になると、自治体で実施される「3歳児健診」を受けることになります。
集団で行われることが多いため「泣いたり騒いだりしてしまったらどうしよう」「他の子よりできないことが多いかも……」「下の子を連れて行っても大丈夫?」など、不安を抱いているママやパパも多いのではないでしょうか?
今回は、みくりキッズくりにっくの院長・本田真美さん監修のもと、3歳児健診の内容について紹介します。

この記事のもくじ

3歳児健診の内容


3歳児健診は、母子保健法により、各自治体での実施が義務づけられているものです。
健診内容は、身体の発育状況や栄養状態、眼や歯の異常の有無、精神発達の状況など多岐に渡ります。
通知書に同封されている「3歳児健康診査問診票」をもとに進められるため、あらかじめ記入して持参しましょう。


健診内容①|身体測定


身長体重を測定します。自治体によっては胸囲や頭囲を測定するところもあるようです。
成長曲線と照らし合わせることで、肥満度や発育状態を確認できます。

健診内容②|視力検査

一次検査として、自宅で保護者が検査(スクリーニング)をし、アンケート(問診)を提出します。
検査ではランドルト環や絵を用いて片目ずつ「どのくらい見えているか」を確認します。
アンケートでは質問に答え、目に関して気になることがあれば記入しましょう。

視力が確認できなかったり気になることがあったりする場合は、会場で二次検査を受けます。
自治体によっては、全員に屈折異常や斜視のスクリーニングを行うところもあります。

健診内容③|聴覚検査

視力検査と同じく、自宅で保護者が行います。
1mほど離れたところからのささやき声を聞き取れるかどうかを確認し、アンケートに記入して提出しましょう。

聴力に心配があると判断された場合は、会場で二次検査を受けるか、別の日に精密検査を受けることになります。

健診内容④|歯科検診

むし歯咬合(噛み合わせ)異常などをチェックします。
歯みがき指導があったり、歯に関する相談にのってくれたり、希望者にフッ素を塗布してくれたりする自治体もあります。

健診内容⑤|尿検査

事前に送られるキットを使用し、家庭で採尿して提出します。

尿が取れない場合は、4歳になるまでに採尿して会場に持ち込めば受け付けてもらえることも。
心配な場合は事前に問い合わせておきましょう。

健診内容⑥|診察・問診

医師による問診と診察が行われます
運動機能や神経系・感覚器系の異常、皮膚・循環器系・呼吸器系・消化器系・泌尿生殖器系の疾患、先天異常などの有無などを確認するほか、日常生活の様子などの問診も行います。

健診内容⑦|行動観察

医師または保健師などが、子どもの行動や様子を観察します。
言葉の発達やコミュニケーションの発達に遅れがないかなども見ていきます。

健診内容⑧|保護者への質問

子どもの既往症や生活習慣をはじめ、子育ての環境、育てにくさや育児疲れを感じるかどうかなどを質問されます。
育児に関する心配事があれば、このときに相談するとよいでしょう。

3歳児健診はいつ実施される?目的は?


3歳児健診は子どもの成長のために大切なものです。
目的を理解したうえで、適切な時期に受診しましょう。


3歳児健診の目的と対象


子どもの健康状態の把握や病気の早期発見、健康増進などが目的です。
親子が地域の支援につながる場としても機能しています。
対象となるのは満3歳を超え満4歳に達しない子どもです。

保健福祉センターなど指定された場所で受診

実施場所は、住んでいる地域の保健センターや福祉センター、保健所、支援センター、公民館などの公共施設が多いです。
自治体から送られてくる通知に記載されているので、よく確認しておいてください。

3歳児健診に必要な持ち物

必要な持ち物も、通知書に記載されています。
主な持ち物は、以下の通りです。

  • (記入済みの)3歳児健康診査問診票
  • 母子健康手帳
  • 尿検査申込書
  • 採尿した尿
  • 歯ブラシ
  • バスタオル(ハンカチやハンドタオルなど)
  • 筆記用具

その他、必要であれば替えのおむつや飲み物も持参するとよいですよ。
待ち時間が長くなることを考え、音の出ないおもちゃを持って行くのもおすすめです。
必要であればおやつを持参するのもよいですが、食べるのは歯科検診後にし、食べてよい場所を確認してからにしましょう。

下の子を連れて行く場合は、ミルクや授乳ケープなども忘れずに。

3歳児健診ではどんなことを指摘される? 原因は?


3歳児健診は、何かしらの異常や疾患の早期発見が目的の1つです。
検査の結果によっては、要精密検査、要経過観察となることもあり得ます。
不安に思うかもしれませんが、これにより早期に適切な治療やサポートを始めることができます。


原因①|身長など成長の問題


身長が低すぎる、痩せすぎている、肥満気味であるなど、成長曲線から外れている場合に、栄養指導が行われたり医療機関を紹介されたりします。

原因②|難聴

自宅での一次検査や会場での二次検査、あるいは保護者によるアンケートにより難聴が疑われる場合は、耳鼻咽頭科の受診を促されるでしょう。

原因③|斜視・弱視

自宅での一次検査でよく見えていないと判断される場合や、会場での斜視・弱視の検査で疑わしい結果が出た場合は、眼科の受診を促されます。

原因④|言葉の遅れ

自分の名前を言えない、色を答えられない、大小の概念を理解していない、二語文が出ていないなど、言葉の発達に遅れが見られる場合は、専門医への相談を勧められることがあります。

原因⑤|コミュニケーション面の発達の遅れ

視線が合わない、会話が成立しない、指示に従わないなどコミュニケーションに遅れが見られる場合も、専門医への相談を促されることがあります。

3歳児健診で再検査や要観察となったときはどうしたらいい?


健診で再検査や要観察となったり、発達の遅れなどを指摘されたりすると不安になりますよね。
子どものためにまず何をすればよいのかをお伝えします。


経過観察になる場合も


健診で再検査や要観察となったからといって、病気や障害であると確定したわけではありません。
あくまで健診日に気になることがあったというだけで、次の健診までの「経過観察」になるケースも多いのです。
もちろん、専門医を受診したうえで「異常なし」と診断されることもあります。

普段の様子を知っているかかりつけ医に相談するのもおすすめ

要精密検査といわれた場合や経過観察になった場合、まずはこれまでの子どもの様子をよく知っているかかりつけ医に相談するのもよいでしょう。

3歳児健診は集団での健診であり、子どもにとっては初めて行く場所であることも多いです。
いつもとは違う環境に緊張したり興奮したりすることで、泣いてしまう子も普段以上に騒いでしまう子も多くいます。

それが原因で再検査や要観察となることもあるため、ひとりで悩まず、身近なかかりつけの小児科医に相談してみてください。

生活の中で気になることは3歳児健診で相談してみましょう

3歳児健診は、小児科医や歯科医、保健師、臨床心理士など、たくさんの専門家と話せる場です。
子どもの体やコミュニケーション能力はもちろん、親の不安や悩みなどさまざまなことを相談するチャンス。
気になることがあれば、どんなに小さなことでも聞いてみてください。

監修【みくりキッズくりにっく 院長・小児科医:本田真美】

東京慈恵会医科大学卒。医学博士、小児科専門医、小児神経専門医、身体障害者福祉法第15条指定医、おもちゃコーディネーター。
国立小児病院にて研修後、国立成育医療研究センター神経科、都立多摩療育園、都立東部療育センター勤務を経て、2016年4月にみくりキッズくりにっく開院。
医療法人社団のびた理事長、株式会社琉球マインド代表取締役。

文:あまね


キッズアライズをもっと楽しもう!

ポイントプログラム

プレゼント応募

お気に入り登録

登録(無料)はこちら

記事を読んで応募しよう!

プレゼント付き記事はこちら

この記事のタグ:

【医師監修】子どもの花粉症が増えている!? 治療法や予防策を解説

鼻づまりやくしゃみ、目のかゆみが表れる「花粉症」。 近年、花粉症にかかる子どもは増え、特に5~9歳の年齢層において増加傾向です。 乳幼児で花粉症になるケースも珍しくありません。 ハピコワク…

続きを読む

【医師監修】小学生の睡眠時間の平均は?理想や睡眠不足の影響も解説

小学生になると、子どもによっては幼稚園や保育園時代よりも登校時間が早くなることも。さらに学年が上がると、習い事が増えたり、終わる時間が遅くなったり、長時間の塾通いが始まったりします。 大きくな…

続きを読む

プレゼントあり

【保育士監修】赤ちゃんとの遊び方 生後1~6ヶ月の発達を促す遊び

赤ちゃんはかわいいけれど、遊び方がわからないというママやパパは多いもの。 保育士としてたくさんの赤ちゃんと触れ合った経験から、遊びは赤ちゃんの心と身体の発達を促す効果が高いと感じています。 …

プレゼント応募期間 2023年12月6日(水)~ 2023年12月31日(日) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

【保育士監修】赤ちゃんとの遊び方 生後7ヶ月~1歳の発達を促す遊び

好奇心旺盛で動きが活発になる生後7ヶ月~1歳の赤ちゃん。表情も豊かになり親子遊びが楽しい時期ですね。 今回の記事では、保育士をしていた経験から、赤ちゃんの心と身体の発達を促す遊び方をご紹介しま…

プレゼント応募期間 2023年12月6日(水)~ 2023年12月31日(日) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

保育士が教える、赤ちゃんとのスキンシップのコツ その効果と方法

赤ちゃんとの生活は喜びが多い反面、不安に思うこともあるのではないでしょうか。 毎日一緒に過ごしている赤ちゃんとのスキンシップは、どのようにしていますか? スキンシップは大切というけれど、方…

プレゼント応募期間 2023年12月6日(水)~ 2023年12月31日(日) ※終了しました

続きを読む

子どもたちに重要な非認知能力の伸ばし方と脳の可塑性とは?

脳科学者の瀧 靖之(たき やすゆき)先生に子どもたちにとても重要な非認知能力の伸ばし方や脳の可塑性を教えていただきました。 賢い子に育てるために私たち親ができることは何があるでしょうか?  …

続きを読む

プレゼントあり

【助産師監修】母乳&ミルクの混合授乳の方法、ミルク量を解説

わが子への授乳は幸せな反面、母乳は出るかな? 量は足りるかな? と悩みも多いですね。 そんな授乳期の赤ちゃんをもつママに伝えたい、母乳と育児用ミルク(以下ミルク)で授乳する“混合授乳※①”の方…

プレゼント応募期間 2024年2月15日(木)~ 2024年3月17日(日) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

「家族みんなに、ルイガノ」から学ぶキッズバイクの選び方

キックバイクや三輪車を卒業して、最初の自転車(ファーストバイク)に乗るとき。 子どもの成長を感じる瞬間です。 色々な子ども向けの自転車がある中で、デザイン性が高く、それでいてスポーツバイ…

プレゼント応募期間 2023年12月1日(金)~ 2023年12月17日(日) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

【助産師監修】赤ちゃんのスキンケアがわかる! 保湿の重要性とケア方法

つるつるすべすべなイメージの赤ちゃんのお肌。でも実は赤ちゃんは肌トラブルが起きやすいことをご存じでしょうか? 少しでも湿疹ができると、肌の弱い赤ちゃんをどうケアしてよいのか迷ってしまいますよ…

プレゼント応募期間 2023年12月6日(水)~ 2023年12月31日(日) ※終了しました

続きを読む

自分の机だからやる気が育つ リビングに置きたい「フォルミオ」のデスクとチェア

子どもの勉強机はいつぐらいに用意すれば良いでしょうか。 小学校に入る前はひとつのタイミングですが、実際には机を買ってもリビングで宿題をする子も多いようです。 そこで今回はリビングに置いても違…

続きを読む

  • HOME
  • ALL
  • 【医師監修】3歳児健診の内容について解説!どんなことをする? 目的は?

サイト内検索

プレゼント付き記事はこちら

注目ワードで探す

対象年齢

カテゴリ

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる
閉じる

会員登録でもっと便利に! 「お気に入り機能」

登録した記事は、
ログイン後の
お気に入り」ボタンから見返せます♪

会員登録はこちら(無料) すでに会員の方はこちら