会員登録(無料) ログイン

【産婦人科医監修】妊婦でも飛行機に乗って大丈夫?搭乗する際のポイントを解説

お気に入りに登録

プレゼント応募期間 2024年5月15日(水)~ 2024年6月15日(土) ※終了しました

妊婦さんは飛行機に乗っても問題ないのでしょうか。
里帰り出産や旅行などで飛行機を利用する予定の方もいるでしょう。
おなかの赤ちゃんに影響がないのかも心配になりますよね。
この記事では八丁堀さとうクリニック副院長・佐藤杏月さん監修のもと、妊婦さんが飛行機に乗るならいつからいつまでが良いのか、搭乗前に知っておきたいポイントなどを紹介します。

この記事のもくじ

妊婦でも飛行機に乗れる?


妊娠中のデリケートな時期に、妊婦さんが飛行機に乗って大丈夫なのでしょうか。


妊娠中に飛行機に乗ってはいけないという規約はない


妊娠中の経過が良好で体調が安定しているなら、飛行機に乗ること自体は問題ないとされています。
しかし、妊娠初期はつわりや貧血など、さまざまな症状が起こりやすく、なかでも妊娠12週未満は早期流産の割合が高く、体調が安定しない時期です。
妊娠12週目までは、飛行機に乗らないことをおすすめします。
また15週目までもなるべく乗るのを控えた方が良いでしょう。
飛行機に乗る計画がある場合は、安定期である妊娠16週〜27週までの搭乗がおすすめです。

搭乗前に手続きが必要なケースがある

各航空会社では国内線、国際線ともに妊婦さんの搭乗に条件つきの制限があります。
ここでは、ANAの例を紹介しましょう。



国内線 ・出産予定日を含めた8日以上28日以内の搭乗は診断書の提出が必要。
・出産予定日を含め7日以内の搭乗は診断書と医師の同伴が必要。
国際線 ・出産予定日を含めた15日以上28日以内の搭乗は診断書の提出が必要。
・出産予定日を含め14日以内の搭乗は診断書と医師の同伴が必要。

※診断書は、出発前7日以内に発行したものを提出。

(診断書に「お客様が航空旅行を行われるにあたり、健康上支障がない」という旨を医師に明記してもらう)

ANAのコードシェア便および他航空会社が運航する便は、提携航空会社の規定が適用になるため、内容が異なる場合があります。
予約時に妊娠している旨の申し出が必要な場合もあるため、早めの確認がおすすめです。
また、妊婦さんを対象とした、空港内や機内でのサポートをしてくれるサービスがあります。
こちらも、利用する航空会社へ予約の際に問い合わせてみてください。
 

参考:ANA 妊娠中のお客様[国内線]
参考:ANA 妊娠中のお客様[国際線]

必ずかかりつけの産科医に相談してから利用を

飛行機に乗る予定の妊婦さんは、利用する前に一度、かかりつけの産科を受診してください。
搭乗可能か確認を取り、気になることがあれば主治医に相談をしておきましょう。
また、搭乗する際は母子手帳や健康保険証、緊急連絡先のメモを忘れずに携帯し、もしもに備えておくと良いですね。

胎児に影響はある?


空港内の手荷物検査で使う金属探知機や上空での放射線量は、妊婦さんやおなかの赤ちゃんに影響することはないのでしょうか。


数回乗る程度であれば、基本的には影響はない


国土交通省のホームページには、「金属探知機はX線等の放射線を照射するものではないため、母児に障害を与える可能性はない」と記載があります。
もし金属探知機やボディスキャナーの検査が心配な場合は、検査員に申し出をすれば他の方法で検査するなどの対応をしてくれるようです。
また、地上に比べて上空は放射線量が高くなりますが、飛行機に数回乗る程度であれば胎児に影響を与える量ではないため、問題ないとされています。
 

参考:国土交通省ウェブサイト ご妊娠中のお客様の保安検査について

妊娠中に飛行機に乗る際のリスク


妊娠中に飛行機を利用する際のリスクを理解しておきましょう。


血液塞栓(エコノミークラス症候群)のリスク


妊娠中は血液が固まりやすいため、エコノミークラス症候群になるリスクが高くなります。
エコノミークラス症候群とは肺血栓塞栓症とも言われる、肺動脈に血液の塊(血栓)が詰まる病気です。
機内で同じ体勢のままで長時間足を動かさずに座っていると血行不良で血液が固まり、血栓が肺の血管に詰まり、呼吸困難や胸の痛みなどの症状が出て発症することがあります。

一過性低血圧のリスク

妊娠中は血圧が低下しやすく脳への血流量が減ることで、めまいや立ちくらみの症状が起こりやすくなります。
そのため、一過性の低血圧になることがあります。
これは機内の気圧が下がることで一時的に症状が悪化したり、吐き気などを起こしたりすることがあるため注意が必要です。

妊娠中に飛行機に搭乗する際のポイント


妊婦さんが飛行機に乗る際、気をつけたいポイントを紹介しましょう。


水分をこまめに摂取する


妊娠中はトイレの回数が増えますが、我慢せず水分をしっかりと摂取することが大切です。
機内ではこまめに水分補給をし、エコノミークラス症候群や低血圧の対策をしましょう。
コーヒーや紅茶などカフェインが含まれる飲み物は利尿作用があるため控え、水や麦茶などを飲むようにします。
また、すぐトイレへ立てるように、席は通路側でなるべくトイレに近い場所が良いでしょう。

簡単なストレッチをする

ずっと同じ姿勢のままでいると、エコノミークラス症候群のリスクが高くなります。
1時間に1回程度を目安に、簡単なストレッチを行ってください。
座りながら足首を上下に動かしたり、席を立って歩いたりして血流を良くしましょう。

服装はゆったりとしたものを選ぶ

妊娠中はおなか周りを締め付けない、リラックスできる服装を心がけましょう。
ゆったりとしたワンピースや、ウエストがゴムのマタニティ用パンツなどがおすすめです。
また、機内は湿度が低いため、寒く感じることがあります。
ストールやカーディガンなどの羽織りもので体温調節をし、体を冷やさないようにしてください。

ポイントを押さえて飛行機に搭乗しましょう

妊娠中に飛行機に乗る場合は、安定期に入る妊娠中期がおすすめです。
事前に主治医に相談し、自分の体とおなかの赤ちゃんの状態を確認してもらいましょう。
機内では水分補給やストレッチを忘れずに行い、エコノミークラス症候群や低血圧のリスク対策を心がけてください。
また、少しでも体調に不安がある場合は無理をせず、搭乗を取りやめることも大切です。
今回のポイントを押さえて、体調に気をつけて空の旅を楽しんでくださいね。


監修【八丁堀さとうクリニック副院長・産婦人科医:佐藤杏月】

日本医科大学卒。日本医科大学武蔵小杉病院を中心に16年間産婦人科医として地域のハイリスク妊婦や、婦人科疾患の診療を行ってきた。
3人の子どもの子育てと仕事の両立を目指し、整形外科医の夫とともに2020年八丁堀さとうクリニックを開業。
医療法人社団双葵会八丁堀さとうクリニック副院長、医学博士、日本産婦人科学会専門医。


文:misono


プレゼントに応募しよう!

アロベビーフォーマム
妊娠線クリーム

プレゼントの応募受付は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

キッズアライズからのプレゼント

概要
[当選人数] 3名様
[商品情報] 商品情報はこちら
[応募期間] 2024年5月15日(水)~2024年6月15日(土)
[発送時期] 2024年7月上旬
応募条件
キッズアライズ会員様
※プレゼント応募はキッズアライズの会員特典です♪
かんたんな登録ですので、ぜひご登録ください。
会員登録(無料)はこちら
必ず注意事項をご確認のうえ、ご応募ください。注意事項はこちら
プレゼント商品

アロベビーフォーマム 妊娠線クリーム【3名様】

このプレゼントに応募する
閉じる

注意事項

  • 応募にはキッズアライズへの会員登録が必要です。
  • お一人様、1商品1回のみご応募いただけます。
  • 応募情報に誤りがある場合、賞品が発送できませんのでご注意ください。
  • 賞品の発送は2024年7月上旬を予定しておりますが、諸事情により多少前後する場合もございますことをあらかじめご了承ください。
  • 厳正な抽選のうえ、当選者を決定いたします。当選の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。
  • 賞品は応募情報に記載されているご住所宛に発送させていただきます。プレゼントの発送は日本国内に限らせていただきますが、発送先確認のためキッズアライズ事務局よりご連絡をする場合がございます。
  • 賞品のデザイン、色、仕様などは変更になる場合がございます。応募期間中ないしは当選後の賞品の変更・交換はできません。
  • 都合により賞品、スケジュール等が変更となる場合もございますのであらかじめご了承ください。
  • 応募受付の確認や当選に関するお問合せは受け付けておりません。予めご了承ください。
  • 当社は、当選者に関する情報を賞品提供企業と共有する場合がございます。
  • メールのドメイン指定受信を設定している場合は「@kids-allies.com」からの受信を許可してください。
  • ネット接続料はお客様自身のご負担になります。
  • 当社が不正な応募と判断した場合には、賞品受領の権利を無効とさせていただく場合がございます。
  • お客様は上記の応募注意事項をすべてご確認いただき、同意いただいたうえで応募いただいたものとみなします。

ご購入はこちらから!

プレゼントあり

【栄養士監修】妊婦が食べてはいけないもの 摂取量の目安も紹介!

妊娠すると、食事内容について、いつも以上に気になるのではないでしょうか。 今回は、妊婦が避けるべきもの、摂取量に制限があるのはどんなものか、また摂取目安などを紹介します。

プレゼント応募期間 2024年5月15日(水)~ 2024年6月15日(土) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

【助産師監修】マタニティブルーとは?主な症状や対処法を解説

マタニティブルーという言葉を聞いたことがありますか? これから妊娠や出産を控えている方は「自分も経験するのでは」と不安を抱く言葉かもしれません。 今回は、マタニティブルーの主な症状と、対処…

プレゼント応募期間 2024年5月15日(水)~ 2024年6月15日(土) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

【助産師監修】里帰り出産はいつから?期間は? 事前準備と注意点

産前に実家などへ帰省し、帰省先の病院や助産院で出産することを里帰り出産と呼びます。 「いつから帰省するの?」「どんなスケジュールで、どんな準備をしておけばよい?」など、里帰り出産には疑問がたく…

プレゼント応募期間 2024年5月15日(水)~ 2024年6月15日(土) ※終了しました

続きを読む

イベントあり

【イベント終了しました】助産師さんによる沐浴講座を開催します!(参加無料・オンライン開催)

助産師の古谷 真紀さんを講師としてお迎えし、沐浴について知る&学ぶ&質問できる講座をオンラインで開催します。 出産を控えているプレママ・プレパパ、今まさに生まれて間もない赤ちゃんを育てている方…

イベント日程 2022年9月17日(土) ※終了しました

続きを読む

自転車の練習のコツ|子どもの自転車の選び方やサポートのしかたも解説!

子どもが成長して公園で遊ぶようになると「自転車に乗りたい!」と興味を持ち始めますよね。 自転車に乗れるようになると、子どもの行動範囲が広がって新しい発見や経験ができるようになります。 その一…

続きを読む

【保育士監修】赤ちゃん返りとは?なぜ起こる?原因と対処法を解説!

赤ちゃん返りとは、成長してできることが増えた子どもが、突然赤ちゃんに返ったような状態になることです。 具体的には甘えたり、自分でできることをやってもらいたがったりする様子を言います。 多くは…

続きを読む

子どもの「残さず食べた!」を応援する フタが保冷剤になるお弁当箱「mii」

子どもが持って行くお弁当、出先ではどこに置いておくんだろう。 気温が上がる季節が近づくと、食べるまでの保管状態が気になるママやパパは多いのではないでしょうか。 お弁当は、食べる量に配慮して残…

続きを読む

初心者でも簡単。種から芽が出る感動を Seedfun.シリーズ「はじめてさんのかんたんタネまきキット」

おうちでお花や野菜を育ててみたい。 家庭で植物を育てる経験は、子どもたちにとっても感動の体験です。 最近ではプランター栽培なども人気で道具も揃っていますが、せっかく種をまいたのに「芽が出なか…

続きを読む

初めてでも弾ける! 私でも弾ける! 音楽を奏でる感動が得られる「Casiotone 光ナビゲーションキーボード」

見かけるとつい触りたくなるピアノやキーボード。 「弾いてみたいけれど自分には無理」と諦めていませんか? そんな楽器初心者の強い味方がカシオ計算機の「Casiotone 光ナビゲーションキー…

続きを読む

キックバイクやキックスクーターにチェンジ!子どもの“できた”が増えていく「GLOBBER」

子どもが歩いたり走ったりするようになったら、次なる悩みはどんな乗り物に乗せるか。 キックバイク? 三輪車? そんな悩みを解決してくれるのが、成長に合わせモードチェンジができる乗り物を数多く揃え…

続きを読む

  • HOME
  • ALL
  • 【産婦人科医監修】妊婦でも飛行機に乗って大丈夫?搭乗する際のポイントを解説

サイト内検索

プレゼント付き記事はこちら

注目ワードで探す

対象年齢

カテゴリ

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる
閉じる

会員登録でもっと便利に! 「お気に入り機能」

登録した記事は、
ログイン後の
お気に入り」ボタンから見返せます♪

会員登録はこちら(無料) すでに会員の方はこちら