会員登録(無料) ログイン

「してはダメ」と注意しても言うことを聞かずに何度も繰り返す

お気に入りに登録
会員限定

子どもが食事中にスプーンやフォークを放り投げたり、テーブルに上がってみたり。
「してはダメ」と何度注意しても繰り返して言うことを聞かず、ついイライラして怒ってしまいますよね。
どう伝えたら子どもは理解してくれるのでしょうか。

なぜ理解してくれないの?子どもの「しつけ」に四苦八苦

1~2歳頃の子どもに「してはいけないこと」を教えるのはとても大変。
上手な叱り方について試行錯誤している人も多いのではないでしょうか。
一方で「注意などせずに、子どもの好きにさせた方がよいのかな」と感じるママやパパもいることでしょう。
子育てに正解はないからこそ、どうしたらよいのか悩んでしまいます。

投げたり、落としたり。子どもにはすべての反応がおもしろい!

赤ちゃんから幼児へと成長した1~2歳頃は、色々なことができるようになり、好奇心も旺盛で、そのすべてがおもしろく感じて学習しています。


この記事は会員限定(無料)です。

会員登録・ログインいただくと、
続きを全てお読みいただけます♪

会員になるとうれしいサービスがいっぱい

ポイントプログラム

プレゼント応募

お気に入り登録


例えば、物を投げたり落としたりするのも、「こんなことをすると、こんな音がするんだ」とか「こっちに投げると、こんな転がり方をするぞ!」など、発見と驚きの連続なのです。


また、注意したことを何度も繰り返すのは、ママやパパを困らせようとしているのではなく、自分の行動に対してリアクションしてくれるのがうれしいこともあります。
大人にとっては「してはいけないこと」も、実は子どもにとっては「楽しくてうれしいこと」の場合があるのです。

子どもの好奇心をまずは受け止め、ママやパパの「してほしいこと」を伝えて

子どもにはママやパパを喜ばせたいという気持ちがあります。
子どもにとって唯一、心から安心できる大切な存在だからです。

そのため「ダメでしょ」「何回言ったら分かるの!」と怒るだけでなく、「でもね、ママはそんなことをしたら嫌なんだ。こうしてくれたらうれしいな」と気持ちを伝え、「してほしいこと」を提案してみましょう。
否定されるとモチベーションが下がるのは子どもも同じです。
大好きなママやパパからの提案であれば、その願いを達成したいと子どもはきっと思ってくれます。


では、どんなときに「ダメ」と言わなければならないのでしょうか。
道路に飛び出そうとしたり、熱いものを触ろうとしたり、ベランダの柵に登ろうとするときなどです。
子どもの命の危険に関わることは、真剣な表情と短い言葉で、多少強めに「ダメ!」と伝えてください。

そしてときには、ささやき声で注意するのも効果的です。
「今、大事なお話をしているから静かにしてね」と耳元でそっとささやくと、「これはいつもと違うぞ」と子どもも感じて言うことを聞いてくれることもあります。

ママやパパの反応がおもしろくて繰り返しているように感じたら、注意するのをやめて、しばらく干渉せずに様子を見てみましょう
次第につまらなくなって、自然とやめることもあります。

子どもの「やりたい気持ち」と、ママやパパの「やめてほしい気持ち」をすり合わせていきましょう。
コミュニケーションをとりながら、お互いにとってよい着地点を見つけることも、子育ての楽しみのひとつだと考えてみるのもよいでしょう。

偉人の子ども時代を読み解くと、エジソンやアインシュタインはとても自由奔放で、食事中にテーブルの上でいきなり字を書きだしたり、庭に出て生き物をずっと観察して、いろいろな生き物を家中に置いたりしたなどの逸話がたくさんあります。
共通点は、親はその行為を愛情深く見守っていたということです。

 

監修:信野 操

第8期認定子育てアドバイザー(看護師・千葉市幕張本郷子育てリラックス館リーダー)

文:おおすかさとみ
イラスト:Ryoko Ishiyama

 



キッズアライズをもっと楽しもう!

ポイントプログラム

プレゼント応募

お気に入り登録

登録(無料)はこちら

記事を読んで応募しよう!

プレゼント付き記事はこちら

この記事のタグ:

【専門家監修】子どものアンガーマネジメント|感情コントロールの練習方法も解説

子どもが癇癪を起こし、手がつけられずに困った経験はありませんか。 感情を表現するのは悪いことではありませんが、社会生活の中では感情をコントロールすることも必要です。 今回は日本アンガーマネジ…

続きを読む

【助産師監修】卒乳のタイミングはいつ?授乳をやめる方法も解説

いつかは必ず訪れる卒乳のタイミング。親子にとって授乳は日常だからこそ、なるべく負担の少ないタイミングで卒乳したいですよね。 この記事では、赤ちゃんが自然に授乳をやめるのを待つだけでなく、母親か…

続きを読む

プレゼントあり

マザーズバッグの中身はどうする?新生児から1歳まで月齢に合わせてご紹介!

赤ちゃんが生まれたら、一緒にお出かけするのは楽しみのひとつでしょう。 赤ちゃんとのお出かけに持参するマザーズバッグには、どんなものを入れたらよいのでしょうか。 あったら安心なもの、荷物を減ら…

プレゼント応募期間 2024年2月15日(木)~ 2024年3月17日(日) ※終了しました

続きを読む

出産後に必要な手続きは?妊娠中に押さえたい手続きチェックリスト

出産後は赤ちゃんのお世話で忙しい中、必要な手続きもこなさなければなりません。 負担を少しでも減らすため、妊娠中から必要な手続きを確認し、できる準備を進めておきましょう。 今回は出産後に必要な…

続きを読む

【助産師監修】マタニティブルーとは?主な症状や対処法を解説

マタニティブルーという言葉を聞いたことがありますか? これから妊娠や出産を控えている方は「自分も経験するのでは」と不安を抱く言葉かもしれません。 今回は、マタニティブルーの主な症状と、対処…

続きを読む

【助産師監修】里帰り出産はいつから?期間は? 事前準備と注意点

産前に実家などへ帰省し、帰省先の病院や助産院で出産することを里帰り出産と呼びます。 「いつから帰省するの?」「どんなスケジュールで、どんな準備をしておけばよい?」など、里帰り出産には疑問がたく…

続きを読む

プレゼントあり

【助産師監修】母乳&ミルクの混合授乳の方法、ミルク量を解説

わが子への授乳は幸せな反面、母乳は出るかな? 量は足りるかな? と悩みも多いですね。 そんな授乳期の赤ちゃんをもつママに伝えたい、母乳と育児用ミルク(以下ミルク)で授乳する“混合授乳※①”の方…

プレゼント応募期間 2024年2月15日(木)~ 2024年3月17日(日) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

「家族みんなに、ルイガノ」から学ぶキッズバイクの選び方

キックバイクや三輪車を卒業して、最初の自転車(ファーストバイク)に乗るとき。 子どもの成長を感じる瞬間です。 色々な子ども向けの自転車がある中で、デザイン性が高く、それでいてスポーツバイ…

プレゼント応募期間 2023年12月1日(金)~ 2023年12月17日(日) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

【助産師監修】赤ちゃんのスキンケアがわかる! 保湿の重要性とケア方法

つるつるすべすべなイメージの赤ちゃんのお肌。でも実は赤ちゃんは肌トラブルが起きやすいことをご存じでしょうか? 少しでも湿疹ができると、肌の弱い赤ちゃんをどうケアしてよいのか迷ってしまいますよ…

プレゼント応募期間 2023年12月6日(水)~ 2023年12月31日(日) ※終了しました

続きを読む

自分の机だからやる気が育つ リビングに置きたい「フォルミオ」のデスクとチェア

子どもの勉強机はいつぐらいに用意すれば良いでしょうか。 小学校に入る前はひとつのタイミングですが、実際には机を買ってもリビングで宿題をする子も多いようです。 そこで今回はリビングに置いても違…

続きを読む

  • HOME
  • ALL
  • 「してはダメ」と注意しても言うことを聞かずに何度も繰り返す

サイト内検索

プレゼント付き記事はこちら

注目ワードで探す

対象年齢

カテゴリ

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる
閉じる

会員登録でもっと便利に! 「お気に入り機能」

登録した記事は、
ログイン後の
お気に入り」ボタンから見返せます♪

会員登録はこちら(無料) すでに会員の方はこちら