会員登録(無料) ログイン

自分のことを何も話してくれない

会員限定

子どもが7~10歳頃になると、親が聞いても学校などの出来事をあまり話してくれずに、戸惑うこともあるでしょう。
そんなとき、親はどう子どもと向き合えばよいのでしょうか。

子どもの気持ちを知りたいのにうまく聞き出せない。
子どもの変化に戸惑いやもどかしさが募る

小学生になり、親子で会話する時間が減ってしまったと心配するママとパパもいます。

子どもと顔を合わせると、つい「宿題やったの?」「明日の準備はできた?」など、小言ばかりで子どもが不機嫌になってしまうこともあるでしょう。
本当は学校での出来事や子どもの思いを聞きたいのに、結局聞き出せなかったともどかしく感じることがあるのではないでしょうか。

また、ママやパパが忙しいときに限って子どもが話しかけてきて、きちんと聞けなかったということもあるかもしれません。
子どもと話すタイミングや聞き方に悩んでしまうというママとパパもいるでしょう。

家族以外にも社会のコミュニティができてくる。話したいタイミングは子ども次第

7~10歳頃の子どもは、ママやパパに「甘えたい時期」と「自立や反抗をする時期」を繰り返し成長していきます。
家庭内であまり話さなくなるのは自立や成長のステップとも言えるため、心配はいりません。


この記事は会員限定(無料)です。

会員登録・ログインいただくと、
続きを全てお読みいただけます♪

会員になるとうれしいサービスがいっぱい

ポイントプログラム

プレゼント応募

お気に入り登録

心の発達が著しい時期で、自分とは何か、友達とは何かを自問自答するようになります。
そんなとき、余計な言葉は頭に入りません。
「今はそれどころじゃないんだよ、邪魔しないで」という気持ちなのです。
「もう子どもじゃない」とアピールをすることもあるでしょう。

また、学校や習い事など外でも多くのコミュニティを形成しているため、話したいと思う相手が、家族だけではなくなります。
家で全然しゃべらないと戸惑うママやパパも多いですが、実際には学校のお友達や習い事の先生などと話をして、満足しているケースも少なくありません。

特に、子どもが自立したいタイミングで親に根掘り葉掘り聞かれると、うっとうしいと感じてしまうこともあります。

「教える」から「見守る」子育てに!
子どもが話し出したら最後まで聞くに徹して否定しないことが大切

7~10歳頃の子どもは、ママやパパが思っている以上に毎日多くのことを学び吸収し、成長しています。
子どもの自立に合わせて、親も教える子育てから、見守る子育てへとアップデートしていく必要があります。

親は子どもに何でも話してほしい、子どもの外での様子を知って安心したいと思うものです。
しかし、詮索したい気持ちを抑えて見守り、子どもが話したいタイミングで聞くことが大切です。
子どもが話しかけてきたときには、忙しくても手を止め、受け止める姿勢を示しましょう。
ここで気をつけたいのは、子どもが話している最中に否定をしたり、話を遮ったりしないことです。
相手の話を最後まで聞くことは会話の基本であり、親子でも変わりません。

また、親から子どもに相談をもちかけるのもひとつの手です。
「こんなことで困っているんだ、どうしたらいいと思う?」など。
もちろん、答えを求めているわけではありません。
親にも悩みがあることを知ってもらうことが大切です。
最後は「聞いてくれてよかった。これで落ち着いて判断できそう、助かったよ」などと言い、人に話すと気持ちが楽になることをやんわりと伝えてみてください。

子どもの様子がいつもと違うときは「いつでも話を聞くよ」とひと声かけて待つのもよいでしょう。
「自分が話たくなったら、ママやパパはいつでも話を聞いてくれるんだ」と思える環境を整えることが大切です。
そうすることで、子どもは安心して自立していけます。

慌てずじっくり見守ってみて

7~10歳頃の子どもは家の外でのコミュニティが広がり、話す対象が家族以外に変わる時期に突入します。
ママやパパは子どものすべてを把握したい気持ちをグッとこらえ、いつでも聞く姿勢を持ちながら、見守る子育てへとアップデートしていきましょう。
いざ子どもが話しかけてきたら、子どもの話にしっかり耳を傾け、最後まで口をはさまずに聞ききることが大切。
話すことは、心を解き放すことになり、何かあったら親に話をしてみようという気持ちにつながればよいですね。

監修:増本さおり

第16期認定子育てアドバイザー(保育士、幼稚園教諭・千葉市高洲子育てリラックス館リーダー)

文:tomomi
イラスト:Ryoko Ishiyama
 



キッズアライズをもっと楽しもう!

ポイントプログラム

プレゼント応募

お気に入り登録

登録(無料)はこちら

記事を読んで応募しよう!

プレゼント付き記事はこちら

この記事のタグ:

偏食がひどく、給食の時間がつらそう

学校の授業やお友達との時間は楽しいのに、好き嫌いがあるため毎日の給食が苦手という子どもは意外と多いものです。 せっかく学校に慣れてきたのに、給食が理由で楽しく通学できなくなるのではと心配……。…

7~10歳 会員限定

続きを読む

買い物にいくと、商品をさわりまくる

小さな子どもと一緒の買い物は、いつも大変。 会計を済ます前の商品をペタペタさわったり、買う予定のないものを持ってきたり……。 かといって留守番をさせるわけにもいかず、スーパーに行く度にヘトヘ…

3~6歳 会員限定

続きを読む

夜中に目を覚ます

朝までぐっすり眠る子や夜中に何度も起きてしまう子など、睡眠のパターンは子どもによってさまざま。 子どもが夜中に何度も目を覚ましてしまうと、寝かしつけで親もヘトヘトです。 朝までぐっすり寝ても…

0~2歳 会員限定

続きを読む

自分が遊んでいるおもちゃを他人に貸さない

自分の子どもが児童館や保育園などでほかのお友達におもちゃを貸せないとき、親は困ってしまいますよね。 無理にでも取り上げてほかのお友達に貸すべきなのか、自分の子どもが飽きるまで待つべきなのか、ど…

0~2歳 会員限定

続きを読む

言わなくてもいいことを言う

子どもはときに言わなくていいことを口に出し、ママやパパをドキリとさせますよね。 道を歩いていて知らない人に「あの人、髪の毛がないね」と言ったり、親戚の集まりで「おじちゃん、くさい」と言ったり。…

3~6歳 会員限定

続きを読む

プレゼントあり

噛む力を育むためのグミ習慣、「噛もっと!」で歯並びの土台づくりをサポート

乳歯から永久歯への生え変わり期、子どもの歯並びに不安を覚えるママやパパは多いよう。 実は歯並びのよい悪いは、遺伝だけで決まるわけではないそうです。 歯並びを支える土台づくりもポイントで、これ…

プレゼント応募期間 2023年10月2日(月)~ 2023年10月31日(火) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

【助産師監修】母乳&ミルクの混合授乳の方法、ミルク量を解説

わが子への授乳は幸せな反面、母乳は出るかな? 量は足りるかな? と悩みも多いですね。 そんな授乳期の赤ちゃんをもつママに伝えたい、母乳と育児用ミルク(以下ミルク)で授乳する“混合授乳※①”の方…

プレゼント応募期間 2023年12月6日(水)~ 2023年12月31日(日) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

「家族みんなに、ルイガノ」から学ぶキッズバイクの選び方

キックバイクや三輪車を卒業して、最初の自転車(ファーストバイク)に乗るとき。 子どもの成長を感じる瞬間です。 色々な子ども向けの自転車がある中で、デザイン性が高く、それでいてスポーツバイ…

プレゼント応募期間 2023年12月1日(金)~ 2023年12月17日(日) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

【助産師監修】赤ちゃんのスキンケアがわかる! 保湿の重要性とケア方法

つるつるすべすべなイメージの赤ちゃんのお肌。でも実は赤ちゃんは肌トラブルが起きやすいことをご存じでしょうか? 少しでも湿疹ができると、肌の弱い赤ちゃんをどうケアしてよいのか迷ってしまいますよ…

プレゼント応募期間 2023年12月6日(水)~ 2023年12月31日(日) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

数や量が体感できて論理的思考も鍛えられる「5と3で4を作る!水うつし論理パズル」

ここに5リットルと3リットルのバケツがあります。 この2つを使って4リットルの水をつくってください。 そんなクイズをテレビなどで見たことはありますか? 頭の中で計算すると難しいソレを実際に…

プレゼント応募期間 2023年10月2日(月)~ 2023年10月31日(火) ※終了しました

続きを読む

  • HOME
  • ALL
  • 自分のことを何も話してくれない

サイト内検索

プレゼント付き記事はこちら

注目ワードで探す

対象年齢

カテゴリ

閉じる

キッズアライズ
ポイントプログラム

ポイントをGETしました!

TOPページヘ
閉じる

キッズアライズ
ポイントプログラム

ポイントをGETしました!

TOPページヘ
閉じる

キッズアライズ
ポイントプログラム

ポイントをGETしました!

TOPページヘ
閉じる

キッズアライズ
ポイントプログラム

ポイントをGETしました!

TOPページヘ
閉じる

キッズアライズ
ポイントプログラム

ポイントをGETしました!

TOPページヘ
閉じる