会員登録(無料) ログイン

【助産師監修】赤ちゃんのおむつかぶれの原因は?対処法も解説!

お気に入りに登録

多くの新生児や乳児が一度は経験するおむつかぶれ。
毎日おむつ交換をしているママやパパは、わが子の皮膚のかぶれを目の当たりにすると、戸惑うことがあるでしょう。
今回は、おむつかぶれの基本的な知識と、「ちょっと赤い?」と気づいたらすぐに試してほしい対処法について解説していきます。

この記事のもくじ

おむつかぶれの症状

おむつかぶれとは、おむつで覆われている部分の皮膚に起こる炎症です。
症状として、性器や肛門の周囲などのおしりの部分やおむつのギャザーが当たる部分が赤くなる、皮膚の表面にブツブツ(皮膚の表面が小さく盛り上がった状態)ができるといった軽い炎症から始まります。
赤ちゃんは、かゆみや痛みを感じていて、おしりを拭くときに嫌がる様子や泣く様子がみられたり、おむつの部分を気にして触るしぐさがみられることがあります。

悪化すると、水ぶくれ(ブツブツの中に透明の液体が溜まっている状態)ができたり、ジュクジュク(湿った皮膚がめくれそう or めくれた状態)になりただれることがあります。
赤ちゃんは、かぶれた部分にお湯や尿がしみるため、排泄や入浴のたびに泣いて痛がることもあります。



おむつかぶれの原因は?


排泄物によって湿って蒸れやすい状態が続くおむつの中では、皮膚の表面がふやけて、外部からの刺激を防ぐ皮膚のバリア機能が低下することで、おしりを拭くわずかな刺激でもかぶれを起こしやすくなります。

外出などを理由に普段よりも長い時間おむつ交換をしなかった場合や、暑い季節だけでなく寒い季節でも汗をかきやすい環境で過ごした場合は、おむつの中が蒸れやすくなっています。

そのときに、尿に含まれるアンモニア、便に含まれる消化酵素や腸内細菌が皮膚に触れている状態が続くと、かぶれが起こることがあります。
便の拭き残しがあるだけで、肛門周囲がかぶれることもあります。
特に、ゆるい便は消化酵素を多く含むため、下痢が続くと、かぶれやすくなります。

おむつかぶれになってしまったときの対処法


おむつかぶれは、医学的には皮膚のかぶれを表す接触皮膚炎のひとつで、おむつ皮膚炎と呼ばれることもあります。
かぶれの原因となる刺激をできるだけ減らすことが、短期間で治すためのポイントです。
おむつ交換やスキンケアを見直すためのヒントと共に、おむつかぶれの対処法について説明します。


こまめにおむつを交換する


通気性や肌触りに優れているおむつでも、1枚で複数回の排泄物を吸収するには限界があり、長時間の使用はかぶれの原因となります。
こまめに確認をして、濡れていたらすぐに交換しましょう。
また、皮膚とおむつが密着する部分はかぶれやすいため、赤ちゃんに合ったサイズのおむつを使用しましょう。

おしりを拭くときは優しく押さえるように拭く

水を多く含んだウェットティッシュタイプのおしり拭きシートや、湿らせたティッシュやコットンで、優しく押さえるように拭きましょう。
力を入れてゴシゴシとこすってはいけません。

尿や便の汚れをきれいに取り除く

おしり拭きによる皮膚への刺激を減らすために、皮膚の赤みが強い場合や下痢が続いている場合は、おむつ交換のたびに、ぬるま湯を使ってシャワーや座浴で汚れを洗い流しましょう。
毎回シャワーなどを使うことが難しい場合は、水やぬるま湯をいれた霧吹きやペットボトルで代用すると便利です。

入浴のときは、摩擦による刺激を避けるためにスポンジやガーゼは使用せず、石けんやボディーソープの泡で、やさしく洗いましょう。
洗いすぎも皮膚への刺激となり、かぶれの原因となるため、石けんなどを使って洗うのは、入浴のときだけでOKです。



乾燥させてから、おむつを装着する


汚れを取り除いた後や洗い流した後は、性器やおしりの部分を空気にさらして、皮膚の表面を乾燥させてから装着しましょう。
赤ちゃんが寒さを感じない程度に、手やうちわで軽くあおいで、乾燥を促してもよいです。
素早く乾かしたいからといっても、ドライヤーなど熱風(温風)の出る家電は、火傷の恐れがあるため使ってはいけません。

ちなみに、祖父母世代の子育てでは、おむつかぶれにベビーパウダーを使ったほうがよいとされていましたが、近年の子育てでは、ベビーパウダーはかぶれの原因になることから、使用はすすめられていません。

白色ワセリンや軟膏を塗る

汚れを落として乾燥させたら、かぶれている部分に白色ワセリン(一般名:白色ワセリン 商品名:白色ワセリン、プロペトⓇ)や亜鉛華軟膏(一般名:酸化亜鉛 商品名:亜鉛華軟膏)をたっぷりと塗りましょう。

白色ワセリンには、皮膚に膜を張って保護する作用があり、排泄物やおむつなどが直接皮膚に触れないように守ってくれます。
亜鉛華軟膏は皮膚を保護する作用だけでなく、炎症を抑える作用があります。



白色ワセリンや軟膏を塗った後のおむつ交換の仕方

皮膚のバリア機能を回復させるために、赤みがなくなるまで塗り続けるのがポイントです。
おむつ交換をするときは、汚れと共に皮膚表面に残っている白色ワセリンや軟膏も拭き取りましょう。
このとき、皮膚表面に白色ワセリンや軟膏が多少残っていても、かまいません。
そのまま、新たに重ねるように塗りましょう。

白色ワセリンや軟膏を洗い落とす方法

白色ワセリンや軟膏は、入浴のときにこすらないように気をつけて、全部洗い流しましょう。
白色ワセリンや軟膏は油分のため、ぬるま湯だけで洗い流せないことがありますが、ベビーオイルやオリーブオイルをなじませると、落としやすくなります。
汚れと共に洗い流した後に、石けんやボディーソープの泡で洗い、しっかりとすすぎましょう。

うっすらと赤くなり始めたばかりであれば、赤ちゃんに使用可能な市販の白色ワセリンや亜鉛華軟膏を使ってもOKですが、できるだけ短期間で治すためには、医師の診察を受けたほうが安心です。
市販の白色ワセリンや軟膏を塗っても悪化した場合やなかなかよくならない場合は、小児科や皮膚科を受診しましょう。

なかなか治らないときは皮膚カンジダ症の可能性も

皮膚の赤みが強い場合や赤くなる部位がひろがる場合は、おむつかぶれ以外の皮膚炎の可能性があります。
赤ちゃんの場合、おむつかぶれと似ている皮膚炎には、たくさん汗をかくことによって皮膚の赤みやかゆみが起こる汗疹(あせも)や、皮膚と皮膚の間に皮脂が溜まり炎症が起こる乳児脂漏性皮膚炎カンジダという真菌による皮膚カンジダ症のひとつである乳児寄生菌性紅斑などがあります。
おむつかぶれと症状が似ていても、それぞれ治療方法は異なるため、悪化する前に医師の診察を受けたほうが安心です。

特に、おむつかぶれで処方された軟膏を使っても、なかなか治らない場合は、皮膚カンジダ症の可能性があるので、再度受診しましょう。

肌を清潔に保っておむつかぶれを予防しよう

おむつかぶれは、おしりの拭き方や洗い方を見直すことで治すことができますし、予防することもできます。
普段からこまめにおむつを交換して、おむつかぶれを繰り返さないように気をつけましょう。

監修・執筆【助産師:古谷 真紀(ふるや まき)】

自治体や企業等と連携した産前産後ケア事業担当を歴任後、妊娠中から産後のママパパ&赤ちゃんのための講座運営や相談事業に従事している。

【参考文献】
・馬場尚子:「接触皮膚炎(おむつかぶれよだれかぶれ)」小児科臨床 71(増刊号) 1839-1842 2018
・横田俊一郎:「おむつかぶれで赤くなるが、どのようにケアしたらよい?」小児内科 54-6 890-891 2022


【助産師監修】離乳食の2回食はいつから?食べさせ方や進め方、適切な量を解説!

1日1回の離乳食のリズムに慣れてくると、次はどのように進めていくのか気になりますよね。 「いつから2回食にしたらよいの?」と悩むママやパパも多いはず。 今回は、離乳食を1日1回から2回へ増や…

続きを読む

【助産師監修】卒乳のタイミングはいつ?授乳をやめる方法も解説

いつかは必ず訪れる卒乳のタイミング。親子にとって授乳は日常だからこそ、なるべく負担の少ないタイミングで卒乳したいですよね。 この記事では、赤ちゃんが自然に授乳をやめるのを待つだけでなく、母親か…

続きを読む

プレゼントあり

【助産師監修】赤ちゃんの1か月健診の内容は? 準備するものと注意点

赤ちゃんが生まれて1か月たつと、発達や成長をチェックする1か月健診が行われます。 1か月健診とはどんなことをするのか、また赤ちゃんと健診に出かけるときに準備するものや事前に確認しておいたほうが…

プレゼント応募期間 2023年12月6日(水)~ 2023年12月31日(日) ※終了しました

続きを読む

イベントあり

【イベント終了しました】助産師さんによる沐浴講座を開催します!(参加無料・オンライン開催)

助産師の古谷 真紀さんを講師としてお迎えし、沐浴について知る&学ぶ&質問できる講座をオンラインで開催します。 出産を控えているプレママ・プレパパ、今まさに生まれて間もない赤ちゃんを育てている方…

イベント日程 2022年9月17日(土) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

【助産師監修】赤ちゃんの抱き方 ママもパパも楽になる抱っこの基本

赤ちゃんのお世話で欠かせない抱っこ。 まだ首のすわっていない赤ちゃんを抱き上げるのは緊張しますよね。 今回は、基本の抱き方をご紹介。素手による抱っこが上手になると、抱っこ紐を使うときにも応用…

プレゼント応募期間 2024年4月1日(月)~ 2024年4月30日(火) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

【助産師監修】沐浴のやり方 (そのまま実践できるママ目線の動画付き)

ママとパパにとって沐浴は、緊張するお世話のひとつですよね。 そこで、初めてでもわかりやすい沐浴の手順とポイントを動画付きで説明します。 沐浴する人の目線に近いアングルで撮影しているため、すぐ…

プレゼント応募期間 2024年2月15日(木)~ 2024年3月17日(日) ※終了しました

続きを読む

プレゼントあり

わくわくで知的好奇心を引き出す キットとアプリのSTEAM教育プログラム「ワンダーボックス」

様々な自宅学習教材がありますが、どれが自分の子どもに合っているかわからない。勉強の押し付けではなく、自ら学ぶ子になってほしい。 そんな思いを抱えているなら、一度試してみたいのが、子どもの知的好…

プレゼント応募期間 2022年11月10日(木)~ 2022年12月2日(金) ※終了しました

続きを読む

赤ちゃんも、あなたも大切。 産後のママをケアするアプリ「mamaniere」

産後は赤ちゃんが中心の生活となり、出産という一大イベントを終えたママは自分の体を労わる時間すら無くなってしまいます。 そんなついつい後回しにしてしまいがちなママの体が、今どんな状態なのかを分析…

続きを読む

プレゼントあり

子どもの想像力と空間認識力を育む知育玩具「ピタゴラス」

遊びを通して子どもは様々なことを学んでいきます。 楽しむことが一番ですが、できれば長く遊べて、学習の助けにもなる良質なおもちゃを与えたいものですよね。 そんな願いを持つママやパパにおすす…

プレゼント応募期間 2023年1月27日(金)~ 2023年2月19日(日) ※終了しました

続きを読む

【前編】アレルギー対応食を謳わない料理を目指した アレルギーっ子も楽しめる、記念日のごちそうミールキット『matoil』

記念日に自宅でシェフのつくった完全オーダーメイドのごちそう料理が楽しめる。そんな特別感にプラスして、オーダーメイドだからこそ食物アレルギーにも対応したサービスで注目を集めているのが『matoil…

続きを読む

  • HOME
  • ALL
  • 【助産師監修】赤ちゃんのおむつかぶれの原因は?対処法も解説!

サイト内検索

プレゼント付き記事はこちら

注目ワードで探す

対象年齢

カテゴリ

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる

ポイントをGETしました!

TOPページヘ

最新情報・プレゼント情報をGET

閉じる
閉じる

会員登録でもっと便利に! 「お気に入り機能」

登録した記事は、
ログイン後の
お気に入り」ボタンから見返せます♪

会員登録はこちら(無料) すでに会員の方はこちら